消費者金融ガイドは大手のみを厳選掲載しています

消費者金融ガイドの掲載基準

スマホを操作している女性の画像

消費者金融ガイドでは、以下の条件に当てはまる大手のみを厳選掲載しています。

 

  • スマホで申し込みができる
  • 来店・保証人が不要
  • 安定収入があれば正社員以外でもOK
  • 最短30分審査の即日融資
  • 違法な金利設定や取立てが無い

 

消費者金融はどこがいいの?と迷っている人や初めてキャッシングを利用する人は参考にして下さい。

 

金利や利用限度額、融資までのスピードなど、自分にとってより良い条件の消費者金融を選ぶ際の参考にして頂ければと思います。

 

アコム

アコムイメージ

アコムが選ばれている理由

絶対に外せないのが業界最大手の安心感と知名度を誇る三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム。
最短30分審査・初めての方は最大30日間無利息という使い勝手が抜群なのは勿論のこと、オペレーターの対応が非常に丁寧で気持ちが良いという口コミも非常に多い。

楽天銀行であれば24時間振り込み対応という点もユーザーに好評。

審査 最短30分
融資 最短1時間
無利息 初めての方は最大30日間
金利3.0〜18.0%
プロミス

プロミスイメージ

プロミスが人気の理由

三井住友フィナンシャルグループのプロミスは、様々な新しいサービスに力を入れているのが特徴。
三井住友銀行かジャパンネット銀行であれば、22時までの契約完了で24時間最短10秒で振込みをしてくれる「瞬フリ」や、カードレスで利用できるサービスを展開するなど、利用者としては嬉しいポイント。女性ユーザーの割合も非常に多く、女性からの支持も厚い。

審査 最短30分
融資 最短1時間
無利息 初めての方は最大30日間
金利4.5〜17.8%

 

番外編〜キャッシング機能の付いたクレジットカード〜

どうせだったら、お金を借りるのに「クレジットカードにキャッシング機能が付いたのがいい」という人向けに、通常ならばありえないスピードで発行してくれるクレジットカードがあります。

 

それがアコムのACマスターカードです。
マスターカードの画像

 

キャッシング並みの最短30分審査で即日発行というスピード感は、クレジットカード業界では断トツの最速です。(※通常は審査に10日ほど掛かります)

 

ブランドはMasterCardなので、一般的なクレジットカードとしても普通に使うことができ、必要であればアコムが提携しているATMでキャッシングすることもできます。

 

年会費は無料で安定収入があればフリーターやパート主婦でもOKです。

 

ACマスターカードの詳細を知りたい人はこちらへ→

 

消費者金融が選ばれるワケ

大手消費者金融はメガバンク傘下として経営されている事も多く、銀行のカードローンよりも融資までのスピードが早く、審査も銀行ほどハードルが高くないというのが人気の理由です。

 

その為、急に現金が必要になった!という緊急性が高い即日融資を希望する人には最適です。

 

また、必ずしも正社員でなければ審査に通らないという事もありません。毎月安定した収入があれば、収入に見合う金額を借りる事ができます。

 

こうした審査の柔軟性と審査のスピード感が、消費者金融が選ばれる理由となっています。

 

あくまで一般論になりますが、消費者金融で即日融資を希望するのであれば、限度額を30万円以下に抑えたほうが審査もスムーズに進み、当日中に借りられる可能性が高くなります。

 

消費者金融大手ならスマホで申し込みOK

笑顔の女性の画像

消費者金融でお金を借りようと思うトラブルや予期せぬ出費は、不思議とお金の無い時に起きたり、必要になったりするものです。

 

そんな時、書類をそろえて金融機関に行ったりせず、手にあるスマートフォンからキャッシングをすることができればとても便利ですよね。

 

スマートフォンから消費者金融のキャッシングを利用するには、まずはどこに申込むのかを決めなければいけません。

 

消費者金融はどこがいいの?と迷った時の選定基準

  • 融資までの早さ
  • 金利(無利息の有無)
  • 振込みしてくれる時間
  • 無人契約機の台数

 

まずは「いつまでにお金を借りたいのか」によって選択肢を絞ります。

 

基本的に当サイトに掲載しているような大手は、最短30分審査で即日融資をしてくれますが、どのように現金を借りたいのか?によって選択肢に違いが出てきます。

 

振込みで借りたい場合

通帳を見ている画像

一般的な金融機関の銀行口座に振り込み融資をして欲しいのであれば、振込み反映時間のタイムリミットに注意が必要です。

 

多くの金融機関では、15時を過ぎた振込みは翌営業日の受付になってしまいます。

 

従って、逆算して考えても14時前後までに審査を終えていないと、振込みで当日融資を受けるのは難しくなるという「事実上の時間制限」があります。

 

しかし、アコム・プロミスであれば提携金融機関への振込みであれば、即日融資ができるよう時間を延長して振込みをしてくれます。

 

■アコムの場合
楽天銀行はメンテナンス時間を除いて24時間振込が可能です。

■プロミスの場合
三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座の場合は、24時間最短10秒で振り込みが可能です。

 

振込み以外(無人契約機)で借りたい場合

無人契約機の画像

  • 振込み時間外の夕方以降や土日
  • 24時間振り込みに対応していない口座しか持っていない

こうした場合には、各消費者金融の無人契約機を利用することになります。

 

申し込みを無人契約機ですることもできますが、審査の間も無人契約機のブースの中で待たなければいけません。1時間以上かかるケースが大半なので、あらかじめネット申し込みをして審査に通ってから契約機へ行くのが時間短縮になります。

 

審査通過後に契約機へ行き本人確認書類のスキャンなど、最終手続きさえすればその場で「キャッシングカード」が発行されます。

 

そのカードを使えば、契約機と併設してあるATMや、消費者金融が提携しているコンビニATMなどからお金を借りることができるようになります。

 

そうした無人契約機の設置台数は大手であれば街中に沢山設置されているので、利便性が高いと言えます。

 

気になる「金利問題」は無利息で解決

驚いている女性の画像

一般的に審査ハードルの高い銀行系キャッシングに比べて、消費者金融の場合は金利の高さがデメリットとなります。

 

しかしその金利の高さをカバーしてくれるのが、アコム・アイフル・プロミスが展開している「無利息サービス」です。

 

無利息期間中に完済してしまえば、利息負担はゼロ円でオッケー。完済まではできないという場合でも、繰上げ返済をすればするほど元金が減るので、それだけ利息負担を減らすことができます。

 

返済スケジュールを前倒しにすればするほど、実質負担する利息がドンドン減らせるので、無利息期間のある消費者金融を使わないのは勿体無いですよ。

 

消費者金融を選んだら、後はスマホで簡単申し込み

スマホを操作している画像

上記のポイントを考慮して選んだ消費者金融の公式ホームページから、審査申し込みを行います。

 

住所・氏名・収入状況・雇用形態・必要金額など、情報を入力していきましょう。

 

スマホでの入力に慣れている人でも誤字や入力忘れがあるので注意して下さい。メールアドレスの記入ミスが多いので、特に注意が必要です。

 

全部の項目の入力を終えたら、きちんと記入されているかを最終確認。問題なければ、データを送信します。

 

その後すぐに審査がされますので、結果を待ちます。

 

このとき、申し込み意思の確認の為に電話が掛かってくる場合が大半です。そしてオペレーターさんの指示に従って、本人確認書類をスマホで撮影し、画像をアップロードするケースがほとんどです。

 

運転免許証や保険証などが本人確認書類として使えますが、スマホで撮影する際にはピンボケしないように注意しましょう。画像が不鮮明だと、再提出を求められるのでムダな手間と時間が掛かってしまいます。

 

2016/9/13追記
10月1日から改正犯罪収益移転防止法が施行されることから、「保険証のみ」では本人確認書類として不十分となります。
顔写真付きの身分証明書が必要になるので、「運転免許証」「パスポート」などを準備しておきましょう。

 

審査結果が出るまでの時間は申し込んだ時間や日時、消費者金融によって変わってきますが、それほど時間はかかりません。大手であれば早い場合には30分〜1時間程度で結果が分かります。

 

審査が終わると結果が表示され、その結果によって借りる条件や上限額などが決まります。審査を通過したと同時に、希望の金額が指定した口座に振り込まれるので、その時点で必要なお金を用意する事ができるでしょう。

 

キャッシングカードの存在をどうするかを考える

振込みでお金を借りる場合には、消費者金融からキャッシングカードが送付される場合が多いです。

 

郵送物によって家族にばれてしまうケースも多いので、カードなどの郵送物を自宅に送付されては困るなら、各消費者金融の無人契約機でキャッシングカードを受け取りましょう。

 

■アイフルの場合
キャッシングカードの配達時間が選べるサービスがあります。自宅で郵便物を安全に受け取れる時間があるのであれば、その時間にカードが届くように指定すればばれるリスクを無くせます。

■プロミスの場合
「カード有り・無し」を選べるので、家族にバレると困る…という方は、プロミスを利用するのも賢い選択です。

消費者金融に関する疑問あるある

ここでは「消費者金融のキャッシングでお金を借りようと思うんだけど…」という方が、疑問に思うよくある質問について回答をしていきます。

 

在籍確認ってゼッタイにあるの?

消費者金融であれ、銀行であれ、お金を借りる際には在籍確認は必要です。

 

しかし結論から言えば、電話以外の在籍確認をしてくれる消費者金融が大半です。

 

多くの人が心配するのが「職場に電話がかかってくると周りの人に怪しまれるんじゃないか?」という点です。

 

在籍確認は申込者の返済能力をチェックする為に、本当に申請した職場に籍を置いているか?を確認するのが目的です。

 

電話で在籍確認を行うのが一般的で、必ず「佐々木と申しますが・・・」などのように個人名で電話がかかってきます。

 

とはいえ、職場によっては電話が掛かってくること自体が怪しまれるケースも多いはず。

 

そこで消費者金融によっては、直近の給料明細2ヶ月分や社会保険証の提出で、電話での在籍確認の代わりとして認める場合もあります。

 

どうしても職場に電話がマズイ…という方は、オペレーターにその旨を伝えて、代替案が無いのかを聞いてみましょう。

 

ほとんどの場合で、何かしらの代替案を提案してくれますよ。

 

返済に遅れたら怖い取り立てが待ってる感じ?

映画やドラマで見るような暴力的な取立ては法律で禁止されています。

 

その為、健全な経営をしている大手消費者金融では、暴力的な取り立て行為は行いません。(※違法な闇金業者は別ですが)

 

返済に遅れたら、コールセンターから確認の電話が入ることがほとんどです。

 

よくある数日の遅れであれば、遅延損害金を払ってそれで終わりです。

 

しかし数ヶ月にもわたって返済が遅れると、信用情報に「返済遅延」の記録が残って、最悪の場合はブラックリストとして扱われてしまいます。

 

うっかり忘れていた!という場合には、大したペナルティはありませんが、それでも遅延損害金が発生するので、返済については細心の注意を払いましょう。

 

消費者金融でお金を借りると信用情報に傷がつくの?

普通に借りて返済できているのであれば、問題ありません。

 

ただし以下の場合には注意が必要です。

 

■審査に落ちた
借り入れ審査に申し込むと、その時点で信用情報に記録が残ります。

 

もし審査に落ちて、新たに別の消費者金融に申し込んだとしても、既に「他社での審査落ちの記録」があなたの信用情報を通して分かります。

 

審査落ち=返済能力が微妙

 

この法則は常識です。審査落ちの記録が残る6ヶ月間は、信用情報を元にした審査では傷が残ると言えるでしょう。

 

■返済事故があった
長期間にわたる返済遅延や任意整理などの借金整理を行うと、「返済事故」として記録が残ります。

 

それがよく耳にするブラックリストの仲間入りです。

 

その場合には、クレジットカードの新規発行や各種のローンを組むことはできなくなります。

消費者金融で借りられる限度額は?

借り入れのバランスイメージ

消費者金融での利用限度額は、概ね300〜500万円と決まっていますが、あくまでそれはシステム上の限度額です。

 

実際には、借りる人の収入によって限度額は異なります。

 

2010年6月、キャッシングに関する法律が改正されました。

 

それ以前となにが変わったかというと、利用限度額が年収の1/3を超えてはいけない、というルールがはっきり定められたのです。これを総量規制と言います。

 

もし年収が300万円だとすると、100万円を限度額として、それ以上の融資はできなくなったのです。

 

ただし銀行カードローンは総量規制の対象外なので、年収に対する借入れ上限額が気になる場合には、銀行カードローンの利用を検討した方がいいでしょう。

 

どうして総量規制が始まったの?

近年はクレジットカードでも気軽にキャッシングが利用できるようになっています。

 

キャッシング枠が付いていないカードもありますが、一般的なカードであれば10.〜30万円ほどの枠がショッピング枠とは別に用意されています。

 

当然のことながら、キャッシングとはとても利用しやすくなり、宣伝も頻繁にされています。

 

さらに、長らく続いてきた不況により、貯蓄に余裕がある人も少なく、どうしてもお金を用意する手段として、カードローンやクレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用する人が増えているのです。

 

そうすると、必然的にあちらこちらから借り入れをしている状態、いわゆる、多重債務という状態に陥る人も増えてくるのです。

 

多重債務者は、借り入れの合計額が毎月自分が得ている収入を超えてしまう場合が多く、そうなると返済する事ができなくなってしまいます。

 

返済に困った人が次にとる行動が、異なる会社からの新たなキャッシングです。そうして、借り入れに借り入れを重ねて、借金生活から抜け出せなくなってしまう事例も多くみられます。

 

そうした人たちの末路は、あわよくば自己破産。最悪の場合は自ら命を絶つこともあり得ます。

 

先述した新たな法改正は、このような事態にならないための対策もあり制定されました。

 

この年収の1/3を超えてのキャッシングを制限する総量規制により、次から次へと借金を重ねてしまう多重債務者増加を回避しよう、というのが主な目的です。

 

お金の問題は、各方面からの厳しい取り立てもあり、毎日頭と精神を悩ます問題となります。

 

そういったストレスにより、自らの人生すら絶望してしまう人も少なくありません。

 

銀行からの借り入れは総量規制の対象とはなりませんが、貸金業法の管轄となる「消費者金融と信販会社」が対象となります。

 

ただしリボ払いや車や家のローンなどは関係ないので、あくまでキャッシングの過剰な借り入れを抑制するものという認識で構いません。

 

総量規制には否定的な意見もある事実

2010年6月に貸金業法が改正され、総量規制によって今まで消費者金融から年収の1/3以上の融資が一切できなくなりました。

 

そうした借り入れによって何とか生活を送っていた人は、正規の貸金業者からお金を借りられなくなったのです。

 

「ごめんなさいね。今日限り、もうお宅には法律でお金を貸すことができなくなったんです」と、突然の通告をされるのです。

 

そのような状態になってしまうと、残された道は「非正規の貸金業者」しかありませんよね。

 

いわゆるヤミ金業者です。
法律を無視した高利で貸付を行い、時には暴力的な取り立てをしたり、危ない(違法な)仕事を斡旋したりと、ゼッタイに関わってはいけない連中です。

 

しかし総量規制によって、そうしたヤミ金業者に頼らざるを得ない人が増えたことは事実です。

 

新たな多重債務者の抑止としての法整備はされたといえますが、もう一つの側面では総量規制によって違法な貸金業者へ流れた人たちが少なからずいるのです。

 

万人に恩恵のある法律を整備することの難しさが、この改正貸金業法を通じて垣間見えますね。